FC2ブログ
A4-size Diary
ゆるゆるマイペースな音ゲーマーのつれづれ日記。 BEMANI愛(ポップン&5鍵推奨)、コンポーザ応援中(右寺修氏&藤井岳彦氏贔屓)。
だらだらぼやぼや
ぼやき。

主にTogetterにて、時事ネタへの問題提起やら見習いたくないタイプの持論やらのツイートまとめ(しばしば晒し目的)、
及びそれにくっついているコメント、を読んでると、
どんどん自分の芯が揺らいでくるような感覚を覚えます。
これがまたかなり居心地が悪いんですよね…
「これはないわ」って思うこともあるし「そういう考えもあるんだなぁ」くらいなこともあるんですが、
後者のでコメントにガッツリ否定してる形のがあったりすると、特に大きく「揺らぐ」感じがします。

何て言うか、この世には確実に正しいと言い切れることなんてほとんどないと思ってるんですけど、
それぞれが正しいと思ってることを一切譲らないでぶつけ合ってたり、
個人的には受け入れられる意見(必ずしも肯定ではない)が全力で否定されてたりすると、
自分の「確実に正しいと言い切れることなんてほとんどない」って考えを引っ掻き回されたような気分になっちゃって、
でもこれだって「自分の考えは確実に正しい」と思ってたってことじゃないかって気にもなって…
どうも綺麗にまとまってないですが(;´д`)
それもこれも自分にちゃんと自信を持ててないのが根本のような。
そもそも芯なんてもの自体ないのかもしれない。
弱いっすねぇ_(:3」∠)_

そういうときに限って単純な面白い話も見つからないもんで、
黙々とペンシルパズルを解いて気晴らし。
パズルはいいですね、ちゃんと正解があるし、理詰めで辿り着けますもん…。
(最難関のはちょっと答え見たけどw)
哲学とか思考実験とか、正解がない話も好きなんですけどね。
でもこれも否定意見がポンポン出るようなものじゃないしなー、
やっぱ否定意見への耐性がなさすぎるんだわ…。


もいっちょぼやき。

好きなものの好きなところを自分の手段で表現しない人が苦手です。
「好きだー萌えるーウオアアアアアアアア」ばっかりなのとか。
私が語りたがりなので、好きなのに語りたくならないのが理解できないし、違和感すら覚えちゃうんですよね…。
好きになるのに理由はなくて好きだから好きだとしか言いようがない、
どうにも言葉にならない衝動が沸き起こってくる、
そういう部分が存在するのは私もよーく分かるんですが、
それにしたって思いを形にしない、叫んでばっかりってのは、そんなわけないだろう、と思ってしまうのです。
出し方の度合いもやり方も個人差あることですけどね。

好きなものに触れて、
自分の中に湧き上がった思いや感情であるとか、
好きだからこそ見つけられたようなディープな魅力であるとか、
そういうのを掬い上げて、自分なりにじっくり丁寧に磨き上げて、文章に限らず形にする、っていうのは、
自分でやるのも好きだけど他人のも見たいんですよ!
結局は自己満足だとも思うんです、再確認とか残しておきたいとか労力使いたいとかw
でもその満足するまで練り上げて吐き出した暑苦しさが見たい!
そこまで興味を持ってなかった対象でも、興味を持ちたくなっちゃうくらいの濃ゆいパワーが見たい!!
…私ももうちょい他人を動かせるような自己満足を吐き出してみたいもんです。洗練された暑苦しさみたいな(?)
精進あるのみですね(*`ω´)



さてさて、リフレクとDDRのサントラ+VENUSミニアルバムが届くまでもう間もないわけですが、
せめて…サニパサントラ感想は…っ!
うっかりBEMANI学園関連のあれこれ消しちゃったけど、
今となっちゃイベントの経過とかどうでもいいかw
生徒紹介には改めてツッコミ直しますww
スポンサーサイト



芸術の秋とか
2日に県展2013(美術展覧会)とあおもりものづくりフェスタ2013に行ってきました。
県展2013は2会場で開催されてたんですが、
時間が足りなくて県立美術館の方しか見れなかったです…。
っていうのもラウワンで音ゲーやりたかったからなんですけどねw
だってラウワンにしか置いてないのが(ry


まずは県展2013。
新聞の記事で気になって、割と突発的にw
県立美術館の方には油絵や水彩画といった絵画や版画、切り絵が展示されてました。
アナログではシャーペンらくがきばっかり、
真面目な絵(というかイラスト)もほぼPCでしか描かない人ではあるわけですが、
構図や筆使い、質感、描き込み具合などなど、
多少は為になったんじゃないかなと思います! 多分!
実際キャンバスに描かれた絵を見ることすら今はあまりないので、
クオリティの高い作品を目の前でじっくり見れたのはいい刺激になりましたね!
賞をもらってる作品は素人目から見ても流石の一言。
入選作品の中にも、これはと思うものはありましたし、
やっぱり直接自分の目で見るのって大事ですねー、見に行って良かったです(*´ω`)

でもひとつ気になったことが。
携帯の撮影音がちょいちょい聞こえてくる…!
撮影禁止とは書かれてなかったんで問題にはならないんでしょうが、
基本静かな空間なだけに相当目立ってまして、正直気が散って困りました(;´д`)
プログラムには受賞作品しか載ってなかったですし、それ以外の作品も見返したい気持ちは分かるんですが…。
そこで思い出したのが、
「写真を撮ることは外部記憶に頼ることであり、自分の記憶としては残りにくくなることがある」
みたいな話。
いつどこで読んだのかはさっぱり思い出せないながら、
ふっと出てきたのはあっさり写メっちゃう行為に対する反発心から、ですかね、多分。
実際その人が作品をどのくらい自分の目で見てたのかは知らないんですけど! 撮る現場は見てないし!
ということもありまして、気持ちじっくり見て回ってました。

もうひとつの会場の方の写真や書道、立体造形物も見たかったなぁ、
絵よりは身近じゃないけど、その分新鮮だったかもだし。
来年にでも行ってみようかな。


ものづくりフェスタは職場の回覧でチラシが回ってきまして、興味持ったんで行ってきました。
したらまさかの上司と遭遇!ww
業種的に多少関係あるから来てたんでしょうがばったり会うとは!

高校生ロボコンもやってたんですが、県展に長居しすぎたんでちょっとしか見れなかった…。
企業ブースも試食はしたけど、金欠気味だったので購入はできず。
あんまり満喫してなかった感ありますね…ぐぬう_(:3」∠)_
でもロボット楽団オルディオンはすごかったぞ!
見た目もすごいけど演奏もちゃんとしたものでしたし。
団長のオルディオン君が踊るわ立ち上がるわでテンション高くて笑ったw たまに壊れちゃうらしいww
ググって知ったんですが鹿児島からいらしてたんですねぇ。
はるばるお疲れ様です。青森はじぇじぇじぇ言いませんよw



なんかものすごく久しぶりにテンション高くない文章を書いたなぁ、という気持ちですww
あいかわらず文章書くの遅いですけど、少しは音ゲー以外の話もしたいですね、
まだまだいろんな分野で新規開拓もしたいぞー!