FC2ブログ
A4-size Diary
ゆるゆるマイペースな音ゲーマーのつれづれ日記。 BEMANI愛(ポップン&5鍵推奨)、コンポーザ応援中(右寺修氏&藤井岳彦氏贔屓)。
SAKAZUKI Premium Night Cruise(1/3)
行ってきました!
SAKAZUKI Premium Night Cruise!!

今だからこそ書ける、って部分もあるので今のうちに感想を書き残しておきます! ただし、重なりに重なった私のミスが原因でラスト1時間のみです_(:3」 ∠)_
えぇタイトルの1/3はそういう意味です…。
滑り込みで間に合った藤井信者がべろんべろんになってるだけです。レポートと呼ぶのもおこがましいやつですご了承ください。
前後については、この場では軽ーく。

今回は初の単独飛行機移動でした。6/30、朝の7:35に青森空港を発ち、8:55に羽田空港着。
朝イチの飛行機に乗った理由は、旧機種・旧バージョン・海外のAC音ゲーを数多く取り揃えた最高すぎるゲーセン、WGCに足を運ぶためでした。空港から電車に乗り、休憩もはさみつつ到着したのは11時頃。ドキドキしながらドアを開け…その空間にこれでもかと詰め込まれた素晴らしすぎるラインナップに興奮するあまり、とりあえず並ぶ筐体を激写w Twitterにも随時リザルトや選曲画面を上げまくっておりました!
WGCでのはしゃぎっぷりについてもまたいずれ詳しく書き残します!!

そしてSAKAZUKI第一出港の19時に間に合うように出た…つもりなんですが。えー、やらかしを繰り返さないよう、今後の自分のためにも書いておきますね。

1.WGCを出てすぐ(つまり時間通り着く目処が立つ前に)ご飯を食べる
2.泊まるホテルの最寄駅を勘違いする
3.駅から徒歩1分なのにホテルの入口まで迷う
4.ホテルを出るのが遅れ、第二出港の20時にも間に合いそうになくなる

ポンコツすぎて笑っちまいますね!!!(;∀;)
4については、ホテルから出港場所の日の出桟橋にどうやって行くかを予習してなかったのも大きかった…今思い返しても詰めが甘すぎて悔しい…。最大のお目当て・SLAKEタイムには最低限間に合いましたけど、他の方々だって楽しみだったんですよ…。


最終出港21時の5分ほど前、ひとり待つ日の出桟橋に宇宙船のようなJicooが接岸。
受付を済ませると、Twitter相互のユタカさんからリプライが来ておりまして、はじめましてのご挨拶となりました。この方は去年の10/27に行われた「SHOXXXXTRAXX」というイベントの主催さんでして、そのときも藤井さんをお呼びしてたんです。私も足を運んだんですが、ご挨拶できずじまいだったんですよね。…で、ここでユタカさんがおもむろに一言。

「SLAKEさんとお話しませんか?」

とりあえずうなずきはしましたが、心の準備などできてるわけがないですよ!?
流れのままにご本人(他の方とお話中)の前に連れてこられて
「この方、SLAKEさんに会うために青森から来たんです!」
と紹介されるものの、なんかもうただ深々とお辞儀しかできませんでした。声がちっとも出てこない。ユタカさんから椅子を勧められても、え、無理、もったいない、って感じでした。
あぁでも何かしらの形で思いを伝えたい…と、カバンにつけてきた自作SLAKEグッズその1・WATERINGとWHAT'S NEXT?のムービーモチーフプラバンチャームを見せてみたところ、どうも覚えてない様子w まぁ無理もないでしょう実際! 17年も前のネタなんですからね!
(こんなんです↓)
190707_1.jpg

あ、でもこれなら、と自作SLAKEグッズその2、THE INVISIBLE FORCEのジャケットモチーフヘアゴムも見せてみたら、へぇー、って感じで反応いただけました。どうもこんばんは、好きが高じてというか好きな曲を少しでも身近に感じていたくてこういうのをちまちま作ったりする者です…って少しは伝わったでしょうかね…(やっぱり声が出ない)。
(こんなんです↓)
190707_2.jpg

握手もしていただきました。やべぇ実在してる。感覚が残る手のひら。それなのに現実味がない。何を言ってるんでしょうね。

同じくTwitter相互のKENTさんともはじめましてのご挨拶。時間の余裕も少なくて(だいたい自分のせい)、フォロワーさんへのご挨拶は満足にできませんでした…。

※余談
ユタカさん「右寺さんは来てないですけどねー」
私「いや来てたらダメになっちゃいます!!」(←もう十分ダメ)


上記のやり取りと被りつつでしたが、DJ SIMONタイムもポップンの民として熱かったんです! セトリは杉本さんご自身が載せてくれてました。

ディスコ・タイフーン→DISCO DANCINGはパーリィナイト感マシマシでしたね!
古の現役ポッパーとしては、KAC決勝で帰ってきたサイモンマン新曲・西馬込交通曲からのポップン音頭は最高of最高。やってくれたぜ杉本さん…! ありがとうございます!(諸事情があったのかどうか…は定かではないものの、「【音量ゼロ】音頭でよいよいよい~」になってましたが)
ターバンもといManhattan Sports Clubも合いの手入れやすくて楽しかったです、そして譜面が脳内再生されるポッパー。
〆がRETROFUTUREなのがニクいなぁ…盛り上がったあとにしっとりと、そして何より未来的な船の雰囲気にピッタリなんですもの…。


SAKAZUKIラストの30分、トリを飾るは我らがSLAKE! 主催のKent Alexanderさんが煽ります。
\すーれいく! すーれいく!/
\ふーじーい! ふーじーい!/
なんとなくリリパを思い出す本名呼びw

1.Freak With Me
事前のリクエストでお願いしてた曲!! ありがとうございます!!
アプリ版CROSSxBEATS初出、ACにも移植されたものの音源化はされてない曲でもあり、リズム隊がたまらんのでぜひいい音で浴びたかったんです…!
低音が足元からビリビリ伝わってくるのが初っ端から気持ちいいのなんの。ガツンと盛り上げるタイプというわけではなく、存在感を放つ4つ打ちキック、キラキラと明滅する高音シンセ、そして一発で心臓を掴むベース…一音一音重ねていくたびにじわじわとそして確実に上がっていくタイプ。
アプリ版の途中から変わった新譜面のフリック地帯が適度にアッパーで好きでして、それに合わせて手を動かしてみたら楽しかったなー。

2.Atardecer (DARK FORCE MIX)
SAKAZUKI 弐に収録された、another mixed by DEPROGRAM MAN、なこちら。SAKAZUKIイベントなのでやっぱり来ますよね!
タイトル通りダークでハードに刻んでいく…と思いきや「Twilight,Atardecer」の囁きとともにふっと浮遊感200%な展開になるのを全身に浴びたら本日一発目のシャウトが出ました。わぁ自分こんな声出せるんだなって思いました。
3連符が入ってくるところで揺れるのが気持ちよかった…。
ダークな雰囲気からふわりと持ち上げ、そこからまた声ネタを容赦なく切り刻むパート。そこも3連符なのが心憎いんですよ…正反対な2面性が結びついてる感じで…。

3.Mellow
だったらしいです! 先程ユタカさんからネタバレされてましたw
7/10発売予定のRAMさんのアルバムにて、満を持してのRAM×SLAKEコラボ曲として発表されていた曲です。はじめましてがこんなにいい状況だなんて贅沢すぎますね!
出だしはタイトル通り、柔らかな女性ボーカル。心地よく揺れていたら何の遠慮もなくエグいリズム隊が刺さってきてすいませんめっちゃくちゃ良いんですがちょっとキャパが間に合いませんうおおおおおって感じでしたので、曲のまともな感想はアルバムが届いてからで…。
アルバム特設サイトはこちら↓
0.0.8 – RAM OFFICIAL SITE

4.BRIGHTNESS DARKNESSのコーラスネタが漂ってた(はず)のドラムンベース
そう言えばしれっとBPMが上がってました。
こちらのベースとなってた曲は聞き覚えがない曲だったので、今となってはかっこよかったですとしか書き残せないです…。続くSPARKER名義ラッシュの前触れ、でもあったのでしょうか?

5.Nu Era(とVolatile Cycle & Mean Teeth - Floaterとのマッシュアップ)
だそうです。

マッシュアップしてた曲がこれまたNu Eraのダークかつドラマチックな雰囲気とめっちゃくちゃ合うんです…。こっちを単独で聴いたのは帰ってきてからなんですが、よくもまぁここまで合う曲を見つけてマッシュアップしたものですね藤井さんは…。ギィン! みたいな金属質なSEとの相性の良さたるや、現場で聴いて大興奮でしたよ。
「イベントでいつもかけてくれる」ってことは多分これ必殺技だと思ってますね。大正解です。Floaterのほうでいう2分あたり、本日二発目のシャウトが出ました。もはや冷静な自分などどこにもいませんでしたとも。もうここ最初から全身を震わせるほどのいい音を上から下から注ぎ込まれて、すでに揺れる余裕もなく、言葉にならない声を漏らしながらただ立ってるしかできなくなってたというのに、ここでねじ込まれるベースで理性がぷつりと切れたんです。
それ以降はもう気持ちよさゲージが振り切れっぱなし。Nu Era後半の、深い深い闇からこぼれ出る光みたいな音もそれを助けるばかり。あとになって実感しました、これが「恍惚」ってやつなのかと。本当に良すぎて死ぬかと思った(最大限の賛辞)
あ、ちなみにお酒はカシオレ1杯しか飲んでません。実質藤井曲でしか酔ってません。

6.I Believe Someday
すでに極まっちゃった感ありますが、なんとまだ終わりじゃないんですよ恐ろしいことに。
ただすっかり我を忘れて聴き惚れてたんで、ろくに記憶が残ってなかったりします! 周りの様子とかまったく覚えてない…。あの場所でこの曲を浴びたことと、それがめちゃくちゃ気持ちよかったこと、あとはもうそろそろこの時間が終わりっぽいなという感じはしてて、名残惜しかったこと…個人的な感覚しか残ってなかった。
Nu EraとI Believe SomedayのコンボはSHOXXXXTRAXXでも浴びてまして、「2回目なのに」なのか「2回目だから」なのか、はたまたその他の原因かはわかりませんが、前回より私への効きが良かったかもしれません。何ならまた叩き込まれたい…他の曲でとどめ刺されるのも一向にかまわないんですが…(いずれにしても強欲)
I Believe Someday、なかなかに、いやかなり、リズム隊が「強い」んですよね。「攻撃力が高い」と言うとちょっと違うんですよね個人的には。そこに一筋、また一筋と差し込んでくる光のような音(Nu Eraの例えと限りなく似てますが光なんですよ本当に)…なんかもはや神々しいっていうか畏怖の念を抱いてしまうというか…REVのジャケットの静謐さからも伝わると思いたい…!!

7.エンディング
明るいゆったりエレクトロハウス。はぁ……現世に戻ってきた……。
一息つけたという感覚もあり、終わってしまった寂しさもあり。とは言え、私は1時間しかこの場にいられなかったのですが、Kentさんは「またすごいパーティーやるぞ!!」って言ってましたので、また機会があれば最初からたっぷり楽しみたいですね…!


来場者限定音源についてのアナウンスもありまして、そこでSAKAZUKI次回作のコラボ曲について盛大なネタバレがありましたw
(詳細はぼかしておきますが、帰ってから聴いたその音源、「お相手」の勢いにも負けないであろう気合が満ちるかっこよさだったので、完成版も期待するしかないです!)

音楽も止んで、あとはもう船を降りるのみ。
でも、めちゃくちゃヤバイ30分間をありがとうございましたと藤井さんに少しでもお伝えしたい…とあたりを見回すと、いらっしゃいましたご本人…!! あぁ、さっきの、という感じでこちらに来ていただいたんですが…何か言おうとしてもやっぱり声が全然出てこない…なんだこれバグかよ…。
右手を差し出し深々とお辞儀をするばかりってこれさっき藤井さんの前に立ったときと同じー! ワンパかよー!! すみませんポンコツ化が著しくて!!!

名残惜しさを覚えつつ駅に向かって歩く間も、頭はまだふわふわしてました。SLAKEタイムの衝撃が想像をすっかり超えてしまうし、それなのに藤井さんは対面しても「そんなすごい人じゃないよ」感を出してるし、なんかよくわからなくなってきたんですよね。イベント終了して最初のツイートもこんなのだし。

ホテルの最寄り駅に着いても20分くらいホテルにたどり着けずに歩き回る羽目になるなど。徒歩1分なのに。
なんかこの文章における私、ポンコツ状態か藤井曲で酔っ払ってるかのどっちかですね!!
普段はここまでじゃない…と思います…たぶん…。

とまぁ、私のSAKAZUKIクルージングは以上となります。他の方の出番につきましてはTwitterの #SAKAZUKI タグをさかのぼってください! 私も見たかったです!!(TдT)


ちなみに次の日は秋葉原のエターナルアミューズメントタワー、通称エアタワに少し立ち寄り旧機種音ゲーを少々。こちらの話も後々詳しく!
13:20の便で羽田を発ち、早めに自宅へと帰り着きました。ヒールスニーカーで歩きまわってたのでふくらはぎが筋肉痛になってまして、あんまり長居しなくて正解だったかも。
旧機種音ゲー三昧の話は藤井さんのお誕生日以降に着手予定! 何かとミラクルな展開だったので書き残しておきたいんです!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://a4blue.blog29.fc2.com/tb.php/1060-5b667f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック