FC2ブログ
A4-size Diary
ゆるゆるマイペースな音ゲーマーのつれづれ日記。 BEMANI愛(ポップン&5鍵推奨)、コンポーザ応援中(右寺修氏&藤井岳彦氏贔屓)。
Spread sounds and -
さらに今さらですがそこは気にしないとして、
ee'MALL & ee'MALL 2nd avenueサントラの感想です。
フィバサントラDisc3を飛ばしちゃってゴメンナサイι。
今年中に1つでも片付けたいがために、
より書きたい方を優先させる事を選んだ次第でございまして。
もちろんそっちも書きますよ!


で、ですね。
いつから待ち続けたのか覚えてないほどですが、
ついにこの度、満を持して発売されたMALLサントラ。
サントラで初めて聴く曲もいくつかありましたが、
BEMANI各機種に関わるコンポーザの個性が光る曲たちが、1枚のCDに詰め込まれてるって感じですね。
「BEMANIオールスターアルバム」とも言えるほどの豪華さ!
コンポーザマニア大喜び。(笑)

そして今回サントラのクレジットにて、
サウンドプロデューサーが右寺先生だった事が確定しましたね。
各方面でバレバレだったとか言っちゃダメです。(笑)
ともかく、これでやっと
「サウンド総括お疲れ様でした」
「5鍵テイストを強くしてくれてありがとうございます」
って言えるようになりました!
5鍵移植曲の数々に加え、
ナグレオR&B、SLAKEジャズ/ドラムン、ムルムルエクスペリメンタルの新曲を入れてくれた功績は、
個人的にめちゃくちゃデカいのです。
だって自分、「5鍵好きポッパー」ですから!


えー、前置きと言いますか、
曲感想以外に書きたいことがやたら長くなりましたが。

投稿スパンを短くするため、1stと2ndに分けてお届けします。
今回も全曲分ですよ。


ee'MALL

I really love you so:ジャジードラムンベース

ポプ唯一のSLAKE名義曲。
私にとっては「味が出るまでがエラく長いスルメ曲」でした。
イントロの時点でほの暗いジャズバー的な雰囲気(あくまでもイメージ)で満たされたサウンドに、
独特の色気を漂わせたメロディとボーカルが乗っかり、
派手な盛り上がりはないものの、それはそれは大人っぽい1曲になってます。
サントラでやっとドラムン分を満喫できて満足vv
つーか曲として完成度高すぎな気がするんですが藤井さーん!


1/6billionth:ハイパーJ-ポップ3

何だかとっても年月の流れを感じる・・・。(遠い目)
TERRA曲はやっぱ前向き歌詞の方が好きだなぁ。
サウンドは「ロック×トランス」との事ですが、トランス分の方がやや多め?
NAOKIトランス好きなので、この曲も結構好みなのです。
エレギが力強さを加えていて、
より歌詞とボーカルを曲に馴染ませてる感じ。


Nick Boys:イーラップ

ワルイコ軍団NICK BOYSの記念すべき第1弾。
初代イーラップってレコーディングを見に行っただけじゃなかったんですか右寺先生ι。
でもメインはやっぱりトモスケさんでしょうね。
ラテン要素が混じってたり、オシャレカッコ良かったりするトモスケ曲に弱い私にとっては、
サウンド面は非常にツボですvvノリもいいですし♪
どうしても耳に入るリリックは・・・多分まだまともな方。


説:ガァバホップ

デカい音で聴いてナンボの曲ですね。
歪みまくりのギターが腹に来るのがたまりません・・・!
そこはかとなくD-crew曲っぽい感じもするので、
ジャンル名は「ガバ+ヒップロック」って意味合いなのでしょうか?
じわじわ盛り上がっていく展開なのはそのせいなのかも。


Craze for You:ジャパメタ

333-166BPMだそうですが、ずっと166BPMでノってる自分。
サビ後のゆったりした部分(166BPM地帯)が終わった直後、
ぐっと盛り上がるギターフレーズが好きです!
でもこういう曲って、もっとギター音がたくさん重ねられてるイメージなんですけどね・・・。
シャウトやコーラスの色っぽさが担当キャラに合いすぎ。(笑)


ペパーミントは私の敵:カレッジポップ

カモミール・バスルームの正統派続編、でしょうか。
(スウェ2は脇田さんの曲でなかったですし)
曲調はカモミールに近いですが、より切なさが増してるような。
歌詞を訳してみると、続編とは言ってもこっちの方がストーリーとしては先なのかも。
うっかり2曲間の妄想が止まらなくなります・・・。(笑)


花見で一杯:スウィング歌謡

・・・キャバクラ?
イントロの切り替わり具合は「指名入りました」って感じでしょうか、と妄想。
マジSKA feat.MAKIならではの世界観ですよねぇ。
歌終了直後のサックスはJimmyさんですか?エロい。(笑)


ラスネール:ヒップホップ

5鍵サントラに入っててもあんまり違和感なさそう。
ってかマジで5鍵に入るはずだったんじゃ・・・。
あのスクラッチ音や声ネタ、アングラで湿っぽい雰囲気。
むしろ5鍵でプレイさせろっつか皿こすらせろ!と言いたくなります。
個人的にはもっと不気味な声ネタを入れてほしかったけど、
それだとポプに合わなくなるんだろうなι。


lime-light:メロパンク2

すでに[D.]の収録曲として1回感想書いたんですよねぇ、
しかも向こうはロングですし・・・まぁいいや。
初代MALLの時点で聴けてた曲ですが、本当にこの曲の魅力に気付けたのは結構最近でしたね。
過去の大切さを知ってからの曲、って感じなのかも。
だから、担当キャラが中学生であるハヤトになった違和感は、
この先もずっと消えない気がしてます・・・。


Moonlight Prayer:ビートパンク

メロディラインは凄く好きなのに、
歌詞が載ってない上にリスニング能力がショボいので、英詩の内容が理解できなくて悲しい・・・。
振り切ることができない切なさを抱えつつも、
それに押しつぶされず、乗り越えようとする強さも感じられます。
1曲の中に夕暮れから夜明けまでの時間が込められてるイメージ。


CLOUD:ジャズワルツ

異国情緒と心に染みるメロディが絡み合う1曲。
タイトルの「CLOUD」から旅人を連想し、
旅人がとある国(どこらへんの曲なんだろう・・・ヨーロッパ?)で裏道の酒場にふらりと立ち寄り、
そこで演奏されていた曲に故郷を思い出し、郷愁に浸る・・・
的な妄想ストーリーが繰り広げられました。
WORLD SEQUENCE名義の曲、また聴いてみたいです。


Entrance:アーバンブルース

ナヤ~ンさんと樽木さんのタッグはこれっきりでしたっけ?
後にも先にもこの曲だけ、って事が信じられないくらいに相性良すぎなんですけど!!
渋さとポップさのバランスはお見事としか言えません。
それにしても、各パートの生かし方が上手い!
それぞれのソロパートがあるロングverとかあったらいいなぁ。絶対カッコ良いに決まってます。(笑)



2nd avenueに続く。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://a4blue.blog29.fc2.com/tb.php/309-f46d0df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック