FC2ブログ
A4-size Diary
ゆるゆるマイペースな音ゲーマーのつれづれ日記。 BEMANI愛(ポップン&5鍵推奨)、コンポーザ応援中(右寺修氏&藤井岳彦氏贔屓)。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セカンドリフレクト
明日はいよいよチュンストサントラ発売日!!
あぁもう楽しみです! 今回もいい曲いっぱいですからね!

バベルは何とか滑り込みで建設完了しました。
週末にラウワンの4曲設定台に引っ付いて、
ひたすら自分の街周辺のノルマ持ちキャラとバトル。
隣人プレイヤーのタウンカテの高レベル譜面、が一番ポイントもらえるわけですけども、
絶対途中で飽きて作業ゲー化すると思ったので、
飽きずに楽しく、それでいて効率も損なわれない方法としてね!
「95,000点以上」が大当たりです。破格の+15ポイント♪
Lv.16で達成すれば、隣人のタウンカテでLv.36をクリアしたのと同じポイントがもらえちゃうというね!
頑張りはしたけど、実際結構楽しかったですよ。
自分でいろいろ工夫できるってのが良かったですねぇ。
ラストの曲はノーマルでしっとり。
買ってEXやってみたらヒヤヒヤしたけどw 遅すぎるwww

…あと、タウンモード用コメントで5鍵筐体探してたんですが、
ないのが確定したみたいですね…。
もうすでにキノコボーイもレイヴガールもいるし、
うすうす気づいてましたけどね。
泣いてなんかないですよ(´;ω;`)グスン



そしてリフレク最新作・limelightのロケテについて。
チュンストサントラ前に書いておかないと、結局書かないままになりそうだし…。
でもそれだけは避けたかったのですよ!
ロケテには行けないけど、いい機会でもあるかな、と。

というのも、初代から大きく変わったシステムについての反応をいろいろ読んでて、
リフレクのどこに魅力を感じてプレイしてるのか、っていうのが人によって違うことを再認識したんですね。
まぁ思えば当たり前ですけど、はっきり見た、って意味で。
事のついでに、私にとってのリフレクの立ち位置もはっきりさせたいと思いまして。


私の場合は、やっぱり「対戦ゲームとして」より「音ゲーとして」楽しんでる方が強いと思います。
上達を目指したりフルコンやAAで埋めたり、
何より「音楽で遊んでる」「曲に合わせてアクションを取る」こと自体を楽しいと思ってるわけです。
でも「対戦ゲーム」の要素があったからこそ、
私はリフレクを「新しい音ゲー」として面白いと思ったんですよ。
嫌なところでJRが飛んできて「このやろーw」となるとか、
逆にたまたま打ったJRが2TOPで「よっしゃ!」となるとか、
終盤でなかなかJR打てなくて焦るとか、
そういった感覚がリフレク独自のものだと感じてました。
だから、今回の大幅改変で一番痛いと思った部分が
「ジャストリフレクがスコアに関わらなくなった」
だったのです。
対戦要素減らしてどうするんですか…
それがリフレクならではの要素じゃなかったんですか…orz
3TOPとかTOPロングとか、ゲーム的な新要素は楽しそうだし実際にやってみたいんですけども、
やっぱり対戦要素が薄まるのはいただけない。
「操作方法が違うだけの別機種」になっちゃいそうで…。
操作方法が違うだけじゃダメなんですよ。ホントに。

スコアは別に10万点満点に変えなくてもいい気がします。
今もスコアとは別にアチーブメントレート(達成率)でランクが決まってるわけだし。
スコアでは勝ってたけどレートは負けてた、なんてこともあるけど、
それがなくなっちゃうのも何だかつまらないような。
クリアラインを超えた時点で色が変わるのはいいと思います。
それを実装しつつ、対戦と協力で区別するとか…?

新曲は素直に楽しみですよ!
conconの妹分的な曲とか気にならないわけがない!
96ちゃんとむっちゃんが揃えばそりゃードラゴンくらい倒せますわな、とかw



まぁひとまずこんなところで。
チュンストサントラ感想もしっかり書きたいなー!
お絵描きもしたいけど! 検定も続くけど! くうう(つД`)
スポンサーサイト

テーマ:音ゲー全般 - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://a4blue.blog29.fc2.com/tb.php/979-73924080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。