FC2ブログ
A4-size Diary
ゆるゆるマイペースな音ゲーマーのつれづれ日記。 BEMANI愛(ポップン&5鍵推奨)、コンポーザ応援中(右寺修氏&藤井岳彦氏贔屓)。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「元(ry 蛇足
このTogetterまとめに関して蛇足的なもろもろ。

http://togetter.com/li/145922


まぁまとめではぼかされてますけど、
今「国民的人気漫画」と言えるのはワンピくらいしかないですやね。
私にもこういう「無自覚な信者」だった時代がありましたw
関わる人にいちいちワンピ全力プッシュ、すごくいいよとりあえず読んでみて貸すから!! みたいな。うぜぇwww
ただ、その頃のワンピは「ジャンプの超人気看板漫画」程度でしたが。
だから当時の私も「好きになってくれること」を言外で強要していたくらい…ってそれでも十分めんどくさい子ですけども!ww
あとは実際に発言こそしなかったものの、
「ワンピファンならこのくらいやって当然でしょ?」的なことを素で思ってたりしてました。
人生で初めて心底ハマったものだったので、
リミッターが働かなかったんでしょう、たぶん…w

このケースみたいに「国民的人気漫画」として推されると…困りますね正直。
「国民」でくくるのは大きすぎやしませんか、と(;´∀`)
あくまで漫画だと思ってます。あくまで娯楽作品。
実際尾田っちもずーっと「超王道の少年漫画」として描き続けてるみたいですしね。
(本人が「先生と呼ばれたくない」と言ってたそうなので、
 私はファンの頃からずっと「尾田っち」と呼んでました。
 今更「尾田先生」にするのも違和感しかないw慣れって怖いww)
なので、本気で漫画以上の扱いをしていると他人に訴える人を見ると生暖かい視線を送ってしまいます。
かつては私も本気で「ワンピは人生のバイブルだ!!」と言い放っていただけにw
自分の中だけで断言してる分には全く問題ないと思うんですけど、
それを押し付けるのはアイタターな行為だと思うわけでして。
何かを好きになることはとても良いことだとは思うのですが、
好きになればなるほど、その情熱を理解したり受け止めたりできる他人は減ってくわけですよ。
そこは把握しておくべきなんじゃないかなー。
はしゃぎすぎた結果「○○のファンは痛いのばっかりだな」なんて思われたくないですし…。

どれだけ人気だろうが、どれだけそのジャンルにおける基礎であろうが、
「魅力知ってるよね?」「好きだよね?」は、
よく知らない相手に言っちゃいけないと思うわけですよ。
特に「好きだよね?」は、
「以前あなたはこれを好きだと言っていた記憶があるのですが、それは確かですか?」
くらいの意味合いにしといた方がいいと思うわけですよ。
「好き」って感情は強要するべきではない、というのが持論でして。
私も今までいろんなものを好きになりましたけど、
自分の「好き」って感情は自分にしか持ち得ないものだと私は思ってるんですけど激しく脱線しましたね!!


以下、偏見みたいな愚痴みたいな。

「大人になってからワンピにハマった人は、子供の頃に漫画にハマったことがない人なんじゃないか」
という推測をどこかで見たことがあります。
本当のところはどうなのか知りませんが、分かる気がしてます。
仲間のためならどんなに強大な困難や権力にも立ち向かう! というのは超王道の熱い展開で、
子供は燃えて当たり前、という感じはします。
でも大人になって初めてそういう展開に触れると、
自分が正しいと思っても、上司や会社の意向には逆らえなかったり、
何よりまず世間の目を気にして行動しちゃったり、というのは仕方ないことなんだと思っていた中でのそれだから、
子供とは違った感じで燃え上がっちゃうんじゃないかしらん、という想像。
繰り返しますが真実なのかは知りません、私は当てはまらないので。
そこが魅力の一つであろうことは分かりますけどね。

やたらと「泣ける漫画」扱いされてる気がするのもそのせいかも。
私は泣けるからじゃなくて面白いから信者レベルで好きだったので、
(や、素で泣いたこともありますし、それを恥ずかしいことだと思ってるわけでもないのですが)
そういう扱われ方をしてるのは苦手です正直。
普通に「海賊冒険漫画」として扱ってやれないのかなぁ…;
「道徳的だ」とされるのも苦手。普遍的なものにするのはどうかと…。
各自で自由に「このキャラのように生きたい!」って思ってるだけじゃ不満なんですかね? 単純に不思議。
…キレイすぎる気がするのがダメなんですかねぇ。

まぁ何て言うか、国民的人気漫画だからどうこう言うんじゃなくて、
個人個人でひとつの好きな漫画として扱ってくれねーかな、みたいなことを星晶さんはぼんやり思ってたりします。
言っちゃえば漫画だから云々ってことでもない、かも。


まとまりきってないかもしれないけど(むしろ蛇足でぼやけたようなw)、
ここらへんで終わっときますねー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://a4blue.blog29.fc2.com/tb.php/983-424416e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。